合わないと

カラコンに限ったことではなく普通のコンタクトでも言えることですが、目の中に直接入れるものですので大きさには注意しましょう。大きさを守らないことで非常に悪い状態になることも考えられます。ですから、それを理解してコンタクトの大きさを決めるようにしましょう。

例えば、目を大きく見せたいがために大きすぎるカラコンを使用したとします。これを無理に装着することによって、目や目の周りの皮膚、まぶたを傷つけることもあります。逆に、小さすぎるとコンタクト自体を落とすことも考えられますので注意しましょう。ほかに挙げられる可能性として、目に合わないカラコンを装着したことで病気や失明になる可能性もあるということです。ですから、しっかりとサイズの確認をして問題ないものを使用するようにしましょう。

ワンデーなどといった1日使い捨てタイプのカラコンもありますが、それもサイズなどがしっかりとあります。サイズやカーブは分からないけれど、この色が気に入ったから使おうといった軽い気持ちで使うと危険です。サイズやカーブの合わないものを使用することで、自分を傷つけてしまっては意味がありません。そのようなことがないように、眼科などで計測してもらうようにしましょう。フォーチュンコンタクト